目次へ戻る    余暇活動    乗馬の活動一覧表
東京障害者乗馬協会
  ボランティア 新井

東京障害者乗馬協会(TADER)は、障害者会員とボランティアスタッフだけで運営しているボランティア団体で、馬に乗ることによって障害を持つ人々の心身のリフレッシュをはかるとともに、誰でもがスポーツとしての乗馬を楽しめるように活動しています。参加者は、老若男女、障害も知的障害、自閉症、肢体不自由、視覚障害など幅広いです。
 最初は馬を怖がっていた人でも、乗って歩き出したら喜んだり、まんざらでもない顔をしたり、馬よりも鞍やたてがみに興味を持ったり、人それぞれ楽しんでいます。そして、ずっと続けている人の中には、年1回開催される障害者乗馬の全国大会に参加して凛々しい顔を見せる人もいます。また、TADERでは、ボランティアや同行の家族が乗馬を楽しめるように、空いた時間に出来るだけ多くの人が乗れるようにしています。
 余談ですが、TADERでお酒とタバコを覚えた知的にちょっと障害のある青年が、最初の内は、お酒を飲みすぎて酔いつぶれてしまっていたのですが、数年経った最近では、飲み会の途中でお酒を止め、お茶を飲んでセーブするようになり、成長したなあと実感しました。以上のように障害の有無、種別に関係なく、乗馬を通して楽しい一時を持てるように活動しています。

連絡先 : 東京障害者乗馬協会
東京都世田谷区鎌田三丁目-12-16
ヴィアード ステージ 2F
TEL 03-5494-2043 / FAX 03-5494-2025
email : kt5m-mzn@asahi-net.or.jp
URL : http://www.asahi-net.or.jp/~gf9t-inue/trda/

2003年版

目次へ戻る  ページの先頭へ戻る

Copyright (C) 2001-2003 ガイドブック作成委員会 All rights reserved.